×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抗うつ薬

アメリカの食品医薬品は、抗うつ薬を飲み始めてまもなく自殺を計ってしまった一つにいて、調査をした所FDAは、これらの人はうつ病と考えられていたものの、実際は双極性障害で抗鬱薬を服用したために、混合状態に追い込まれて自殺したケースが多いそうです。結論を出しているために、はっきりとしたデータになる。

 

つまり、自分の中でうつ病と理解していたも、実際のところはどんな症状なのかはわからない、そんな状態で、抗うつ薬を服用した時に、恐ろしいようなことになってしまうような気がします。

 

そのため、自己の中で薬を服用するのではなく、自分にとってほんとうに必要な薬を服用することが重要になります。そうすることで、何がどれだけ大切なのかが自然にわかるはず。